私たちについて

相続税理士マップは「1人でも多くの方の相続後の生活をお守りしたい」という想いで運営されています。

アスクプロ株式会社私たちについて

相続に強い税理士の選び方

相続税に強い税理士の選び方|失敗しないポイント

相続に強い税理士法人
(相談は無料)

ベンチャーサポート相続税理士法人の評判

相続税理士マップ

士業の相談40万件の実績を持つアスクプロ株式会社が運営しています。

相続に強い親身な税理士が見つかる
相続税理士マップ

  • 身内が亡くなり相続の相談をしたい
  • 相続税申告を任せたい
  • 相続の節税の相談をしたい
  • 安心して相続後の生活を送りたい

すべて私たちにご相談ください!

専門スタッフが
ご相談に乗っています

  • 身内が亡くなった、今すぐ相談したい
  • 相続税申告について何も分からない
  • 相続専門の税理士を紹介して欲しい

相続に関することであれば、どんなご相談でもお受けしています。

0120-987-412

相談無料9時-21時

ここを押して無料相談

相談は無料です。繋がらないときはお時間をおいておかけ直しください。

税理士に相談・依頼するタイミング

タイミング その1

相続税申告を何から手をつけて良いか分からない場合

お亡くなりになられた後で、通夜、葬儀、役所や銀行への届け出など、ご遺族は多忙の中で相続税の申告を行う必要があります。その中で「何を相談したら良いのかも分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。その様な場合でも親身な税理士事務所であれば相談に乗って貰えます。また相続税理士マップの窓口でもお伺いしておりますのでお気軽にご相談ください。

タイミング その2

お亡くなりになり、相続税がかかりそうな場合

相続税がかかる場合は、お亡くなりになってから10カ月以内に申告が必要になります。期限を過ぎてしまうとペナルティー課税を課されたり、相続税を安くする特例が使えなくなり支払う税金が高くなってしまう可能性があるのです。その様なことにならないためにもお早めに相続専門の税理士に相談だけでもしておきましょう。

タイミング その3

お亡くなりになり、相続税がかかるか判断が出来ない場合

相続税がかかるかどうかは、専門知識なしに判断が難しい場合が多いです。相続専門の税理士事務所の中には、相続税がかかるかどうか無料相談で調べてもらえるところもあります>>こちらの事務所
「後から相続税がかかり、申告が必要だと分かった」ということにならないように、専門家に確認しておきましょう。

タイミング その4

生前対策について相談したい場合

相続税対策は、生前の方が選択肢が多く、早く始めるほど大きな節税ができる可能性が高いです
生前贈与や、不動産の購入、生命保険を用いたものなどの、相続税対策のシミュレーションのコンサルをしてもらうことで、相続できる財産を適切に残します。

専門スタッフが
ご相談に乗っています

  • 身内が亡くなった、今すぐ相談したい
  • 相続税申告について何も分からない
  • 相続専門の税理士を紹介して欲しい

相続に関することであれば、どんなご相談でもお受けしています。

0120-987-412

相談無料9時-21時

ここを押して無料相談

相談は無料です。繋がらないときはお時間をおいておかけ直しください。

相続に強い税理士の選び方

ポイント
1

相続税申告の
実績が豊富

年間100件以上の相続税申告を行っていること。それが相続専門の基準です。

ポイント
2

親身に相談に
乗ってもらえること

専門用語を使わず分かりやすく説明してもらえるなど親身であること。

ポイント
3

明朗会計で
あること

ホームページに料金表を明記しているなど、明朗会計であること。

ポイント
4

司法書士と提携しており
ワンストップ対応が可能

相続不動産の名義変更の際に司法書士に依頼する必要があります。

ポイント
5

複数社実際に面談
してから決めること

3社程度は面談して判断する様にしましょう。

ポイント
6

ご自身と
相性が合うこと

担当税理士とご依頼人と人として相性が合うかどうかも見ておきましょう。

相続税申告を何故
税理士に依頼、相談するの?

税理士に相談する理由その1

「税務調査」や「罰金」が課されない申告書をつくるため

実際に令和2年には5,106件の税務調査が行われ、1件あたり943万円の追徴課税が課されています。相続に強い税理士に依頼することは、「抜け」「漏れ」の無い、税務署からの指摘や罰金課税を受けない安心を得ることに繋がります。

税理士に相談する理由その2

適切な節税を行い相続税を払いすぎないため

配偶者の相続税が1.6億円まで無税になる特例、持ち家の評価を8割減額させる特例などがあります。相続税の特例は、その要件だけで本一冊の分量になることもあります。
専門的な内容なので特例の適用は税理士の力が必要不可欠と言えます。

税理士に相談する理由その3

10カ月の期限に間に合わせるため

相続税申告は、亡くなった翌日から10カ月以内という期限があります。この期限内に申告を終えないと、「延滞税」「無申告加算税」といった罰金が科されるだけでなく、相続税を大きく減額できる特例も使えなくなる可能性があります。

税理士に相談する理由その4

精神的にも体力的にも負担の多い申告を任せる

相続税申告は専門知識が要求される難しい内容でありながら、用意しなければならない資料も多く、体力的にも精神的にも消耗します。相続専門の税理士に任せることは、この大変な作業を任せることで「早く日常を取り戻す」ことにもつながります

専門スタッフが
ご相談に乗っています

  • 身内が亡くなった、今すぐ相談したい
  • 相続税申告について何も分からない
  • 相続専門の税理士を紹介して欲しい

相続に関することであれば、どんなご相談でもお受けしています。

0120-987-412

相談無料9時-21時

ここを押して無料相談

相談は無料です。繋がらないときはお時間をおいておかけ直しください。

相続税申告の税理士報酬の相場

【相続税申告の手続き費用】

遺産相続の
0.5〜1%が相場

20万円~28万円程度が相場となっており、所有する土地や、非上場株式、相続人の人数によって追加費用がかかります。
>>詳細はこちら

【相談料】

初回相談無料の
事務所が多い

相続税を専門にしている税理士法人は初回相談を無料にしていることが多いです。無料で財産の計算、相続税対策のシミュレーションを行っている税理士法人もあります。

【生前対策のみの場合】

コンサルティング費用として
11万円(税込み)

土地や非上場株式など、評価に手間がかかる財産がある場合は別途オプション料金がかかる。

私たちの想い

相続後に、
遺産をしっかり受け取り、安心して日々を過ごすことができるかどうか。
その鍵は、相続に強い税理士に出会えるかどうかが握っています

例えば・・

  • 申告に漏れがあれば、税務署から調査を受け追徴課税を支払う可能性がある
  • 税理士が見つからず申告が間に合わなければ罰金を受けたり税金が高額になる
  • 税理士が不親切であれば、よく分からないまま申告を行うことになる

など
実際に、
令和2年には、5,106件の税務調査が行われ、1件あたりなんと943万円の追徴課税が課されています。
相続に強い税理士がついていれば、まず税務調査に発展する可能性も低く、
追徴課税を受けるような抜けや漏れもないため、安心して相続税申告を終えることができます。

相続後の生活は、相続に強い、良い税理士に出会えるかどうかで決まるといっても過言ではないのです。

「亡くなられた方の遺産を、大事な方々にしっかりと残して欲しい」
「相続税のことで悩んだり、支払いに追われる様な方を1人でも多く減らしたい」


このサイトは、そんな想いで運営されています。