RELEASE & TOPICSリリース

ニュース

マンションの水漏れ、原因・対策と責任の所在は誰? | 相談サポート通信|アスクプロ株式会社

 マンションでの水漏れは決して他人事ではありません。誰もが経験する可能性があります。もし自分の住むマンションで水漏れの被害に遭ってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。

 水漏れの原因や、水漏れが発生した際の責任の所在など、マンションで水漏れの被害に遭った際に取るべき対処法を紹介します。

マンションの水漏れの原因

 マンションでの水漏れの原因は、主に2種類あります。

 1つ目は人為的な水漏れです。例えば、防水処理の限界を超える量の水を使用して起こる水漏れなどが人為的な水漏れにあたります。
 2つ目は配管の故障によるものです。配管の老朽化や建設当初からの接続不良などにより水漏れが発生することもあります。

 人為的な水漏れや配管の故障の他にも、マンションの水漏れにはさまざまな原因が考えられます。

水漏れは音や臭いを伴わないことが多いので、水漏れが発生している部屋に住んでいる本人は水漏れに気付いていないこともあります。これは水漏れの被害に遭っている居住者とのトラブルを引き起こす可能性もあります。

・マンションで水漏れが発生した際の責任は?

 マンションでは、水漏れが発生している箇所によって、誰が責任をとるかは異なります。

 例えば、洗濯機の水を出しっぱなしにしてしまったなど個人の過失の場合は、もちろん個人の責任になります。マンションの共用部分の水漏れの場合は、管理組合の責任になります。

 ここで問題になるのは、上階の床下配管から水漏れが発生した場合、誰の責任になるのかということです。床下配管が共有部分と規定されている場合には、管理会社の責任となります。共有部分でない場合には、配管があった部屋の住人の責任となることが考えられます。たとえ過失がなかったとしても、責任が及ぶ可能性があります。

 しかし、その住人に自覚がなく、また水漏れの場所の特定に他の住民の協力が必要な場合には、共用部分として解釈されることもあります。管理会社との規約により責任の所在は異なるので、自分のマンションの規約を確認しておくことが必要です。

・マンションで水漏れが起きた際の対処法

 マンションで水漏れが起きた際には、まず水漏れがどこで発生したのか、なぜ発生したのかを特定する必要があります。
原因と発生場所が特定できなければ、責任の所在を特定することも難しいでしょう。原因と発生場所が明確になることで、責任を追及し損害賠償を請求できる可能性が生じます。原因と発生場所の特定は、最大の難関と言えます。

 上階の床下配線が原因だと考えられる場合は、管理人に立ち会ってもらい、上階の人に事情を話して部屋の中を見せてもらいましょう。

 上階の人の過失であれば、被害を受けた家財などの弁償を請求できます。損害保険に加入している場合には、保険で弁償してもらうことができる場合があります。保険の適用を受けられるかどうかは、保険会社に確認しましょう。

・まとめ

 マンションの水漏れは誰もが経験するものではありませんが、万が一、水漏れが発生した場合には迅速かつ適切な対処をする必要があります。家財が濡れてしまい、いち早く解決したい場合には、専門家のアドバイスを受けることで、トラブル防止に繋がります。マンションで水漏れ被害に遭ってしまったときには、管理組合や修理業者への相談はもちろんのこと、弁護士など法律の専門家への相談も検討するとよいでしょう。